スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パントマイムと雪の日の車と。

バレンタインデーは大雪。
そんな中、私は中野まで、
知る人ぞ知る!山本光洋さんのパントマイムソロ公演に行って来ました~。
コンサートの相方、松田さんが照明と音響を一手にやっているこの公演は、2人で作っている世界なのです。
光洋さんは、実は大学の演劇の先輩。
雪だからこそ、行くぞ!と行ったら、たくさんのお客様。
で、久々の大笑い。素晴らしかった。
私も本気になってます。

さて。本題はこれから。
松田さんが、あの日無謀にも、愛車のロードスターで現場に入っていることは聞いていました。
でも、あれだけの雪。
今日はおいていくんだろうと思い、聞くと、迷う事無く「乗って帰る」と。
終演後、心配なので、一緒に車の元に行くと、ほとんど埋まってる。
これでもノーマルタイヤで、帰る気?

揺るがない・・・

あぁ、薄々感づいてはいたけれどー、松田さんって、お馬鹿さんなんだな。
まあ、私とステージやってる位ですから、酔狂なのはわかっていたけれどここまでとは。と、

ほおって置けなくなり、私も初日打ち上げを近くのジョナサンで待ち、もう一度、車へ。
さっき、雪を落としたはずなのに、30分でこれですよ!
必死に払う松田さん。折れてしまった松田さんの傘の代わりに私の傘で(そこまですごかったのですよ)



このあと、私も手伝いました。



そして、なんと駐車場から出る時すでに、タイヤ噛まない…
取り敢えず外に出て、誘導~。


どうしようかと思いつつ、何かの時の交代要員のために、私も乗車。

それにしても、そこからが怖かった。
まぁ、周りの人たちのほうがもっと怖かったでしょうけども。
松田さんの家までは、通常ならば、10分。
一つ坂があって、そこさえ越えればすぐなんだよね。
と言葉を信じるやはりちょっと無謀が入ってる私。
しかし。坂を見て唖然。
長い、しかも急っ!あり得んっ!

しかし、登ると言い張る、松田さんに、
(あぁ、やっぱり壊れちゃってるのね~、)と乗車したことを半分後悔しながら、坂登る。

坂の上には信号があって、もしも、赤だったら、もうそのまま後ろに落ちるかもしれない。
その時は、窓開けて、「どいてください!」
とでも言う覚悟の私。
そう、寒くても窓は開けっ放しですよ。
運良く上り切った時は、ちょっとウキッと思わず笑顔になったけど、
まだわからないので浮かれることもできない。

青梅街道を30キロで、轍にしっかりと入りながら運転しました。

やっと駐車場に辿り着くも、実は、ここも入るのに一苦労でした~。



ホントに危なかったんだから、松田さんっ、ちょっとは反省してくださいよ~!
今度の水曜日に雪が降ったら、土曜は車で日野までリハに来るのはダメです!

皆さん。
雪の日の運転はダメだし、こういう人がいるから、出歩くのも気をつけてくださいね。
スポンサーサイト

Comment

Post Comment

非公開コメント

Latest posts

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。