スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宝木こえないと!Vol.11 『We're Here 今ここにいます』ライブレポート、第一部!

よみ かき うたう ボイスアーティスト
蓮renです^^

宝木こえないと!Vol.11
We're Here 今ここにいます』
が無事終演いたしました^^

お越しくださった皆様、
心をかけてくださった皆様、
いつもお世話になるスタッフの皆様、
心から感謝致します。

お陰さまで、たくさんのお客様に
お越し頂きました。
1050113_convert_20170123001424.jpg


前日、体調不良で行けないかもという方や、
持って来るお土産のお話までしてくださっていたのに、
当日の突然の頭痛で来られなった方や、
所用ができた方もいらっしゃいましたが、

宝木こえないと!史上、
最も当日突然いらっしゃる方の多い
コンサートとなりました!!!
ありがとうございます。

【ライブレポート第一部】
私の単独朗読からスタート。
元特別支援学校教諭
山元加津子さんが般若心経を意訳された
『宇宙の約束』
1050101_convert_20170123001040.jpg



こちらは、山元加津子さんの同名
ドキュメンタリー映画の中に出て来た
詩ですが、山元さんらしい、優しい世界観に
満ちています。

「大切なのは、心の目と心の耳をすますこと。
  そして、自分を信じること。」




 「だって、すべてがだいじょうぶ
  すべてがみんなだいじょうぶ」



次は、
『龍の舞~Ryu』
元々は、龍の舞は2人の演目として、
今回メインに近いのもあり、最後の予定でしたが、
ふたを開けてみると
『龍の舞』から『鶴の舞』の流れが自然だという話に。

龍の舞は、
我々に未来を委ねると言いながらも
私たちの世界を人知れず支える
究極の愛の形・・・
神様の世界を表現しています。

夢の中からお話はスタート。
青い空に白い雲が浮かび、
1050108_convert_20170123001319.jpg

螺旋を描き宇宙へと向かう。


光の玉を見つけた。
それは、おばあちゃんの記憶・・・
1050114_convert_20170123001451.jpg

森羅万象がお前達を知っている・・
1050115_convert_20170123001530.jpg


龍の怒りが溢れる。


1050121_convert_20170123001612.jpg

1050122_convert_20170123001710.jpg

うおー
1050123_convert_20170123001853.jpg

1050124_convert_20170123001937.jpg

1050127_convert_20170123002011.jpg

1050128_convert_20170123002047.jpg

そこに見えたものは・・私の手の中にあるもの
1050133_convert_20170123002512.jpg


龍が地の中に溜まった怒りを
運び出し、天の彼方で光に変えている
というお話。

こちらは最後の歌。
(裏話としては、エコーがかかり過ぎて
焦りました~笑 それもまた、その時だけの出会い。)


闇の中から現れし 龍の御霊は宇宙へと
1050129_convert_20170123002256.jpg

光生み出し 雨となりこの地上へと振り注ぐ。
1050132_convert_20170123002406.jpg

神代から繰り返される 隠された龍の物語
1050137_convert_20170123002613.jpg

龍の御霊はどこへ行く 空の彼方で星となる。
1050138_convert_20170123002655.jpg

星の光はどこまでも 続くこの世を照らすもの・・
1050140_convert_20170123002824.jpg

神代から繰り返さすは、龍の御霊を返すため・・
1050141_convert_20170123002909.jpg


そして、第一部最後は、
『鶴の舞~Tsuru』
弟橘媛のお話となり、
かるらさんが、3部構成で仮面も変えながら演じました。

弟橘媛(おとたちばなひめ)は、日本書紀と古事記に書かれる
日本武尊(倭建命)(やまとたけるのみこと)の妃。
荒れ狂う海に、皇子が渡ることができなくなった時、
弟橘媛、自らが海に入り、海を沈めたという・・・


かるらさんより・・解説。
『鶴の舞〜tsuru』
三部(序破急)の構成。


〈序の舞〉
海神の怒りを鎮めるため、



自らの身を海に沈める弟橘媛の心情を表現。


弟橘媛の悲哀



〈破の舞〉
事の成り行きを冷静に受け止めようと葛藤し、



狼狽え、哀切を隠しきれない日本武尊の姿。

1050154_convert_20170123003029.jpg



〈急の舞〉
静かに海に逝った弟橘媛は、神格を帯び、

1050147_convert_20170123002940.jpg





海龍の背に乗り海の女神として日本武尊を見守る。


神話では、弟橘媛が海に入ったのが三浦海岸辺り、
弟橘媛の着物の袖が海岸に打ち上がったのは、
現、木更津辺りと言われています。

木更津の地名の由来は「君去らず」だとか。

龍の舞で、地中に溜まった龍の怒りを宇宙(そら)に返し、
鶴の舞では、海神の怒りを鎮めた
弟橘媛が海龍の背に乗り海を見護る女神となる。

龍の舞と鶴の舞を、龍神に纏わる連作として今回演じました。
繰り返し公演する演目になりそうな予感です。(by かるら)^ ^



かるらさんの舞は、
いつにも増して素晴らしく、
私も客席からゆっくり堪能いたしました。

仮面の表情が変わるのです。

龍の舞は、
あまりにストレートな内容で、初演はドキドキでしたが、
”ものすごくよくわかった。
 こうやって物語にして
 伝えていく意味があるのだと思った”

と言ってくださる方がいて、かるらさん同様、
私も大切に育んでいきたいお話になりました。
嬉しいです。

この
『龍の舞』と『鶴の舞』、龍神に纏わる連作は、
神社などで上演したい作品です。

ライブレポートは、第二部に続く!
【『We're Here 今ここにいます』ライブレポート、第二部!】

*******************
●1/26(木)
自分がどんどん好きになる!
『幸せアップ♡瞑想&ボディワーク』(施術付)
19:15~21:30 笹塚チェシュメ
『幸せアップ♡瞑想&ボディワーク申込フォーム』
無料メルマガ登録で初回割引あります!ご利用くださいませ〜
『無料メルマガ登録フォーム』

●2/8(水)
『朗読お茶会』
※好きな作品を持ち寄って皆さんが読む朗読会です。発音練習・指導もあり^^
19:30~21:00 笹塚チェシュメ

●2/10(金)
『瞑想&ボディワーク』
笹塚チェシュメ19:15~21:30

●3/11(土)MISORAライブ
『空の音 宇宙の言葉 蒼の身体』
~そらのおと そらのことば そらのからだ~ 
会場:日野市豊田Renge ねおみい、小泉ちづこ、蓮ren

********************
●瞑想ワーク 3/24(金)
●宝木こえないと!第3週金曜日
 4/21(金)、7/21 (金)、10/20(金)、12/22(金)

※会話セッション、身体施術もあります。
また、1月にはお試しSkype相談も始めます!
どうぞ、情報をお待ちくださいませ。
スポンサーサイト

Comment

Post Comment

非公開コメント

Latest posts

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。