紙粘土の作品展。林航平君。

よみ かき うたう 朗読家
宝木美穂です。

今日は、立川まで、
紙粘土の作品展を見に行きました。

お店の外見を撮り忘れましたが・・・
カフェ「夢工房」ここがまたとても素敵で。
写真は、ローズヒップティー。
本当に美味かったです。
手造りの、うさぎ小物入れも購入♪
(お気に入り)


何日か前にasacocoという多摩地区の
タウンペーパーに、
高校3年生の林航平君の作品展が
あることが載っていました。

ぼくの卒業制作「林航平作品展」
(3/26(土)まで)

「わあ、これいいなあ」
と言うと、
母も
「私もそう思ってたのよ」と。

航平君は3歳のときに自閉症と
診断されたのだそうです。
子供のころから粘土細工が
評判だったそうです。

今日、母の予定が急きょ空いたというので、
私も時間をやりくりして行ってきました~。

まず。
asacocoに載っていたペンギンが
こんなに小さかったことに驚き・・
きゃーと叫ぶ。

↑えんぴつ、置いてみました~


こちらは、『北極・南極』
こっちのペンギンもおもしろい~


何やら重大な事件が起きたようです!
早口で話し合うペンギンたち・・

「%:d#>,es*/!!、'\!$*7+;!!!!」
騒がしいぞ。

急いで逃げてくるペンギンも。
早くっ早くっ
(実は追いかけてる動物もいたのですが、写真撮り忘れ・・)


か、かわいすぎる~!!

話し合いには雪だるまも参加しますよ。
カマクラは人間が住んでいるわけではないことも判明っ!

↑この雪だるまを発見したときの嬉しさったら~
航平君と私は同じ世界に住んでいるみたいだ。

こちらが、てんとう虫の向こうに見える
航平君。凛々しい。



『ニュージーランド』という作品。
なんでなんで??
私がひつじ好き、ニュージーランド好きって
知ってたの~?
今度、このひつじだらけの
牧場作って欲しいな~。
写真持って行きたいな。

↑左端のにわとりがものすごく小さいの。
(見えますか~??)
これしか写真がなくってショック。

ああ。このひよこ。
アヒル好きな私は連れて帰りたい・・


そして。ワンちゃん。
航平君の
四つ足動物は
前から見ると余計にかわいい~



こちらは、目の前で作ってくれた
『アナコンダ』
「締め付けて食べる!」と何度も説明してくれました~



怪獣もたくさんいたのです〜
(本当はショッカーも軍団でいた!)




これこれ。
この青いのは何?
と聞いたら、だと教えてくれたのでした~。


見ていると私もどんどん物語が浮かんでくる。
私が、
「なめくじの冒険もののお話を書いてる」と言ったら・・・
なんと「なめくじ」も作ってくれた!

なのに・・・
映像しか撮っていないのです。


しかも、何度も
「好きでやっているんではありません」
と言われました〜。
ありがとね! 
好きじゃないのに作ってくれて。
普通はなめくじは気持ち悪いもんね。
でも私の心の中のなめくじは可愛いけど。

「ナマズの話も書いている」と言ったら
「ナマズは大好き」だって!

航平君とはいくらでも話せる、私。
おんなじ目線だからな。

楽しかった~!

「夢工房」店主のちえさんとの会話も
共通の友人がいたりして楽しくて楽しくて。
(写真忘れました・・・)
つい、長居してしまいました。
このお店は、
立川で避難生活を送る
被災された方の発信基地なのだそう。
販売しているものの中には、
支援につながるものもありました!

私も何かやってみたいな~

小平からいらした方も
母よりも年上の方でしたが、
「asacoco見て一目ぼれして来た!」と
盛り上がり、一緒に駅まで。

一足先に出ていた母と駅で合流し、
おいしいよ。と教えてもらった
駅のそばを食べて帰宅したのでした~。


ああ、想像が膨らむ。
今日はこれから4/16のお話を書きます~

【次回ライブ情報】************
4/16(土)
Pray第二章 Play ~遊び
バリ舞踊:小泉ちづこさん
ガムラン他:櫻田素子さん
Time*14:00 start (13:30 open)
Charge *前売:4,500円  当日:5,000円 (小・中学生 2,000円) 
Place*驢馬駱駝  ろまらくだ東中野駅・徒歩1分
Plays*『河童のゆううつ』『散歩』
     新作『キューイと僕』『バリ古典舞踊』他
※お申し込み方法は本文にあります。

『宝木こえないと!』 ~宝木朗読演奏会~
6/3(金)Vol.7
Place*笹塚チェシュメ~Cheshmeh~(京王線笹塚駅徒歩3分)
Time*19:30 start (19:00 open)
Charge *未定
ゲスト*Yukie(バリ舞踊)
2015年2月にバリで「夢十夜」公演を開催。
5月には来日に合わせて、「日本とバリの夢物語」を上演。
あのYukieさんとの息が詰まるような研ぎ澄まされたステージ。
また、ご一緒できることが今から楽しみです。
こちら、身体を使ったワークショップも入るかもしれません。
お見逃し無く!

混雑が予想されますので、早めにご予約くださいませ!
宝木こえないと!お申し込みはコチラから。
お名前、枚数、連絡先をお書きくださいっ♪


スポンサーサイト

Comment

Post Comment

非公開コメント

Latest posts