宝木ガムランナイト! 無事終了〜!

よみ かき うたう 宝木美穂です。

宝木こえないと! 
チェシュメスペシャルVol.4 ガムランナイト

無事に終了しました!

お越しいただいた皆様。
心を寄せてくださった皆様。
本当にありがとうございました!



たくさんのお客様に来ていただき、
楽しんでいただけたようで、
ほっとしています。

大好きなガムランとのコンサート。
念願叶って夢のようです。

こちらはプログラム。


今回は、ガムランの音色が、
自然を思い出されるものだなと感じ、
選んだ作品は、
自然のことを書いたものが多くなりました。

屋久島に移り住み、
農業に従事するかたわら詩を作り続けた
山尾三省さんの詩を初めて
読ませていただき、
自分もまた、読みながら感動。

そして、
櫻田素子さんの
夢に見た光景のお話も、
即興的に入ってくれる
竹ガムランの音がまた素晴らしい。
少ない音で、
朗読を存分に聴かせてくださいました。
これもまたやってみたいな。

その続きで、櫻田さんのソロ。
軽快なリズムと明るいメロディに
踊りたくなるような・・^^

第一部ラストには、
工藤直子さんの
「のはらうた」より数編の詩。
私が何度もやっているものですが、
今日は、谷川俊太郎さんの「さようなら」
ラストに歌で付け足しました。

いつかやってみたかった
組み合わせです。
この歌に櫻田さんが太鼓を即興で入れてくださる。

これはいつの時かしら?
雰囲気は大体こんな感じでしたよ。


第二部は・・

昨夜のメイン?だった・・
ちょっと気弱な河童のお話。
「河童のゆううつ」

スネ夫似の河童
(下手うまってやつよ。わざと下手に描いてるんだから〜。多分ねっ)



今日、メールでいただいた感想です。
「あのとき、河童の目の光りはとても輝いていたのではないか。
外見だけでは見えない 変化があったことを感じました。」



作品は聴かれる方によって
こんなにも深く捉えていただけるのだ
私もまた感動しました。

やっている側としては、
読んでいて、
(おっと、ここ変だぞ)というところを
実は見つけたりしたのですが・・・汗っ
その他にもいろいろとありましたけども、
そこは、オリジナル作品、初披露ってことで^^

音源を聴いていて思ったのは、
トロンポンという楽器の音色に比べ、
私の声が低いので、ぶつかり合わず、
声が良く聴こえてくるので、
すごく合うなあということ。

 (トロンポンは下に置いてある
 丸いものです。これを叩いて音を出します。
 1つ1つ違う音です)


初めてのことで、
いろいろ試行錯誤なところもありましたが、
これから楽しみです!

こちらは、
「井上ひさしの子どもにつたえる日本国憲法」
の前MC中〜

櫻田さんは「スリン」というバリの笛を
吹いてくださいました。
後半では、
「Rolling stone」という曲の歌詞を朗読しました。
櫻田さんは太鼓を叩いてくださる。
途中サビはちょっと歌ったり即興的な演奏で、
これもまたやってみたい作品です。

そして。
パリでの悲しい事件を受けて、
どうしても読みたいと思った
ベトナム出身の僧侶
ティク・ナット・ハン氏の詩。
これ、もしかすると
題名は『Please call me by my real 』なのかな?
(と今気付く)

私はここで驚くべきミス!
読む前のMCで、数日前に出会った
この詩のことをお話ししていたら、
皆さんが聴きたい!ってオーラになって。

本当は、この詩の前に
自分の書いた詩を付けてから
読むつもりだったのに
忘れてしまったのでした〜^^
(こんなことってあるのね)

それくらい皆さんの熱い想いが
伝わってきました。


終演後、楽器のことを話す櫻田さん


今回は、
私のステージを初めて見る方が多い公演でした。

そのときに集まるお客様も一期一会。

彩りのある人生経験をされた方々が
(もしくは魂の旅をされた方々が)
一同に会したような、そんな
とても深いエネルギーに満ちた空間になりました。

アンコールでは、
『なめくじ乾太』の声がかかり・・・
思わずやってしまいましたが^^
乾太をつまみに人生に想いを馳せるような
そんなオツな大人の会。


櫻田さんとは、来年に音源づくりをしたり、
ステージを作っていきたいと思っています!

ぜひ、また足をお運びくださいませ。

さあ、次は笙ですよ〜
【次回ライブ情報】********
『宝木こえないと!』 ~宝木朗読演奏会~
Place*笹塚チェシュメ~Cheshmeh~(京王線笹塚駅徒歩3分)

12/18(金)Vol.5 宝木笙ナイト!
Time*19:30 start (19:00 open)
Charge *2000円+1drink500円

ゲストにotoyomi「夢十夜」(CDにも参加)、
今年5月「日本とバリの夢物語」でもご一緒した 
笙の中村華子さんが出演
してくださいます。

私、笙はパイプオルガンだなと思うんです。
賛美歌やろうと思います〜
今から、楽しみ。
スポンサーサイト

Comment

Post Comment

非公開コメント

Latest posts