【夢十夜】〜朗読と舞の夕べ〜 開催しました。

16日間のバリ一人旅も無事に終わり、
日常に戻ってきました。

後半1週間は、意識的にインプットのみの旅行にシフトしていました。
これから、少しずつアップしていこうかなと思います。

前半の最後、
2月8日(日)バリ・ウブドにて
【夢十夜】〜朗読と舞の夕べ〜を開催しました。

仮面舞をしてくださったYukieさんとお会いしたのは、この一週間前。
「何かご一緒しましょう」「そうですね」「夢十夜はどうですか」「良いですね」
これくらいの会話をかわしたのだと思います。
そのとき、Yukieさんの中では構想が拡がったとのこと。

2月2日にYukieさんのシークレットライブがあり、その仮面を見て、「これだ!」と。。

しかし、しっかりと日にちが決まったのが、本番3日前。
otoyomiの「夢十夜」CDをお渡しして、創り上げていただき、当日も一度も合わせることなく、
本番でした。これはこれで緊張感があって面白いものです。
告知もギリギリにも関わらず多くの方が来て下さいました。

スタートは工藤直子さんの「おいで、もんしろ蝶」朗読のみの演目です。
来て下さったお客様が写真を撮って下さいました。
10959540_344153025779175_2711237761813382602_n.jpg

そして、いよいよメインの『夢十夜』
10420234_678712648917610_4449990655734213291_n.jpg

10420234_678712658917609_7718794840278114051_n.jpg

ゆきえさんの舞。
私は前からは見れませんでしたが、美しい〜!
10420234_678712652250943_4765172270250658535_n.jpg


それにしても。私は外国で日本語の朗読をするのが一つの夢でした。
いきなり叶って、びっくりしています。
ホント、興奮ですね。

準備不足ではありますが、朗読と舞という新しい世界に可能性を感じています。
記録として録画しましたので良かったらご覧ください。

【夢十夜】〜朗読と舞の夕べ〜

南の島バリの夜に融ける漱石の夢物語。
夢十夜。第一夜。
死に逝く女と百年の契りを結ぶ男。
その果てにあるものは…

A Narrative from Dream by Soseki Natsume.
Melting into the tropical night of Bali island.

"Yume Juya " 〜The first night〜

A man made a promise of hundred years with a dying woman.
After the time, this is how the story ends…
(by Taku)

朗読 reading poem : 宝木美穂(Miho)
仮面舞 mask dance : Yukie & Taku

プログラム
1) おいで、もんしろ蝶 (工藤直子)
2) 夢十夜 (夏目漱石)
3) わたしと小鳥と鈴と (金子みすゞ)

*****************************

実は、5月に東京にいらっしゃるYukieさんと再演の準備をしています。
5/17(日)会場未定、
26(火)南青山曼荼羅 予定です。

どうぞ、さらに内容を深めていきますので、
皆様、お誘い合わせの上、お越し下さいね。

スポンサーサイト

Comment

Post Comment

非公開コメント

Latest posts