Bali Ubud 2日目 後半^ ^

さて。

町を探索。

暑いので、途中、帽子を買う。
値段は付いてない。まずは、ディスカウントね
半額にはしたけど、これでも高いだろうなぁ~
途中もいろいろ声をかけられるけど、相場がわからないからまだ買えないなぁ。

どこにでもこんな景色が。


街に溶け込む


探してるお店が、この先と分かり、向かうけど、
犬が行く手を阻む!
なぜか、私に向かって気合い入れて吠えてくる犬が1匹! 今にも飛びかかりそうに、浮き足だってる。
凄い勢いなので、進めず。他の人には吠えないの。
犬の神様がダメ~と言ってるみたいで、引き返す。
すると、先ほど声をかけてきた道端のおじさんが、また。
今晩のケチャダンスのチケットを売ってるのだ。
日本語の説明文を渡してきて、英語で話しかけてくる。

ケチャは、もう行く予定になってるので、今日は影絵に行こうと思ってたけど、おじさんには通じない。
見比べるのもいいかな、と思って行くことに。

さあ、また犬のところを、今度は反対側から行こうとしたら、おお!足元でさっきの犬が寝ているではないか。
起こさないように反対に渡って難なくクリア。

それにしても。元々、犬にトラウマのある私。
去年、克服してなかったら、もう無理だったろうな。
まるで、バリに来るために克服したみたい。

モンキーフォレストの辺りには、お猿さんがたくさん。


やっと目当てのお店で目当ての商品を購入~

宿の辺りは夜に野犬が多いと聞いていて。
さっきの犬のことを考えると、ちょっと怖いから、先に宿に行って、迎えを頼もうと思いながら、
その前にレストランに。

ちょっとお高いけど、美味しいと聞いたお店に入る。
本当に美味しいミーゴレン


ここは英語で話してくれた。
1人、優しいお兄さんにいろいろ話を聞き、ケチャの広場は、すぐそばだと。

帰り、宿まで歩ける距離なのだけど、野犬が怖いと話をしていたら、
電話くれたら迎えに来てくれるって!
僕が行けなければ友達が行くよと。
お礼はいくら?と聞いたらとても安い。
仕事じゃないからだって。

やったー^ ^
道端にはたくさん、タクシータクシー!
と声をかける人いるけど、400円くらいするからね。

お兄さんに撮ってもらう。
良く見ると、構図もバッチリ。


さて、雨の中、いよいよケチャ。
去年もコンサートをやった渋谷モンキーフォレストで、ミニケチャを見たことある。
あとは映像でもたくさん見せてもらった。
ケチャをモチーフにした作品作ってるからね。

だけど、生ケチャは始めてよ。
お隣には、日本人のおじさま達が、社員旅行で来ていて、ちょっと会話したり。
一人でいるとこういう出会いが楽しい~

雨だから建物の中だけどね!


まずは円陣での歌声のあと、女性登場~


王様みたいな人や


これハヌマーンだったかな。名前。


いろんな登場人物が出て、


倒れる。皆さん、いい身体です。

つぎは後ろに並んで~


女の子達が踊る。


倒れちゃったー


また、火が灯る。




馬役のお兄さんたら、


火を蹴散らすの~




最後はやっぱり倒れちゃった~


これ、暴れ馬が鎮まったんだったか。

ココナッツかなぁ?こんなに熱そうなの。




さて。外はもう真っ暗。
おじさんたちと別れて、
やっぱり怖いので電話したら、出てくれる。

レストランまで行くよ!と。
まだやってたら一杯飲んでもいいかなと思ったけど、持ち前の方向音痴で、迷う。
一本道のはずなのに…

きゃー、アイアムロスト。
電話をかけ、現状を伝えると、
心配するなと言ってくれ、
ケチャの広場で待つね。と伝えて戻ると、
道を思い出し…、
向かっていたら、バイクでアマン君が。
私は、目立つポンチョを着てるので気づいてくれた。
仕事中に抜け出してきてくれたのでした~!

良かったぁ。
無事に宿に到着~!

明日でも明後日でも、何かあったら迎えに来てくれるって。
なんて優しいの。
次の宿までも送ってくれるんだって。

良い人を見抜く力と、
よほど心配に見えるのかな。
助けて貰う力だけはある、私。

また、ご飯を食べに行こう。
アマン君、ありがとう~
やっぱり、笑顔に人柄って出るよね。

ホテルで爆睡したら、今度は寝れなくなっちゃった~
スマホになって初のバックパッカー旅行。
旅も変わったね~
ホテルはWi-Fiが完璧だからね。
PC使った仕事なら生活できるよなぁ~
…と思ったりしだす危険な私なのでした。

おやすみなさい。




スポンサーサイト

Comment

Post Comment

非公開コメント

Latest posts